教室の歴史

icon1

札幌医科大学神経精神医学講座は、1950年7月に開設されました。初代教授は、中川秀三教授(在任:1950年-1973年)で、大学病院本院とは別の札幌医科大学付属円山分院を拠点として、診療、教育、研究が開始されました。中川教授自身の主たる研究テーマは、てんかん、精神病の外科的治療、およびアイヌのイムでしたが、在任期間中に、精神病理学、精神薬理学、薬物依存の病態、神経生理学、神経化学、神経病理学、そして精神衛生学の各領域へと診療活動、研究領域を広げました。
第2代・藤田繁雄教授(在任:1973年-1976年)を経て、第3代・高畑直彦教授(在任:1978年-1997年)は、自身の研究テーマである神経病理学と精神病理学をもって講座の診療、教育、研究をさらに発展させ、コンサルテーション・リエゾンの発展の礎もこの時期に築かれました。神経病理学研究は、アルツハイマー型認知症における病理形成過程、症候学に関する研究へと横断研究へと発展し、精神薬理学研究は、アルコール依存症や気分障害の病態研究へと発展しました。なお、この時代に円山分院は閉院となり、神経精神科は新附属病院外来・病棟に移転をしました。
第4代・齋藤利和教授(在任:1998年-2014年)は、アルコール依存症の臨床と精神薬理学研究を専門とし、国際アルコール生物医学会理事長としてこの領域の研究を推進するとともに、もの忘れ、摂食障害、性同一性障害等の患者さんのための専門外来を開始し、麻酔科と共同で緩和ケアを、そして小児科との共同で児童思春期の専門外来を立ち上げました。在任中に、認知症の臨床研究はさらに発展し、性同一性障害の臨床研究なども開始されました。また、実質的に教室所属となる臨床心理士や精神保健福祉士を増員し多職種リーム医療モデルが強化されました。
2015年に、第5代・河西千秋教授が新たに着任しましたが、河西教授は、精神薬理学、行動科学、及び精神保健研究を専門とし、着任前の直近では、横浜を拠点に、自殺の危険因子研究、自殺関連行動への介入研究、そして地域や社会各領域のメンタルへルス・リテラシー向上のための精神保健活動・研究に従事してきました。当講座は、今、時代が精神医学に求めているものを意識しながら、教育・診療・研究・地域貢献活動の体制をさらに発展的に改革をしているところです。

札幌医科大学医学部神経精神医学教室の主要行事

back1

毎週水曜日を主な行事日として教室行事が組まれています。教育セミナーでは、診療技術の卓抜した内外の高名な先生を講師にお招きし、後期研修医を対象に講義やワークショップなどが行われます。研究セミナーでは、activeに研究を展開されている外部の研究者をお招きし、最新の研究成果に関する講義や共同研究に関連する教育研修などが行われます。この他、研究セミナーとして、神経内科学講座や救急医学講座との共同研究会が実施され、また実施外部機関との協力で、札幌統合失調症研究会、札幌精神科治療学研究会、札幌メンタルヘルス研究会なども開催されています。
毎年7-8月には夏季セミナーが開催されます。これは2日間の集中セミナーで、主に後期研修医や関連病院でローテーション研修中の若手医師、初期研修医、コメディカル・スタッフ、そして医学部学生を対象に、外部講師によるレクチャー、ワークショップ、教室紹介と懇親会などが開催されます。

2016年4月

06(水) ● 教室総会
13(水) ● 歓迎会
19(火) 研究会 ● 神経内科合同研究会 CNS Crosstalk Seminar
20(水) 教室セミナー ● 抑うつ状態患者診察(講義・グループワーク):河西千秋 教授
27(水) 教室セミナー ● リエゾン・緩和医療:石井貴男 助教・木川昌康 助教

2016年5月

04(水) ● (祝日)
11(水) 教室セミナー ● スイス・ローザンヌにおけるリエゾン・サービス:フリードリッヒ・スティーフェル先生,Frederic Stiefel, Professor, Psychiatric Liaison Service, University Hospital Lausanne
18(水) ● 休会 (国際/日本自殺予防学会合同会のため)
25(水) 教育セミナー ● リエゾン精神医学:順天堂大学精神医学講座 先任准教授 八田耕太郎先生

2016年6月

01(水) 教室セミナー ● 画像検査:小林清樹 講師
8(水) 教室セミナー ● フィンランドにおける精神科リハビリテーション:ヒルピ ソイニ先生,Hilpi Soini, Psychiatrist, Eastern Finland (University)
10(金)-11(土) ● 自殺未遂者継続支援特定研修(診療報酬連結特定研修会)
15(水) 研究会 ● 第1回精神科治療学研究会:奈良県立医科大学精神医学講座 教授 岸本年史先生
22(水) 教室セミナー ● 研究発表抄録の書き方:河西千秋 教授
29(水) ● 北海道精神神経学会 予演会

2016年7月

06(水) 研究会 ● 第1回札幌認知症研究会:東京都健康長寿医療センター 部長 栗田主一先生
09(土) ● 地域医療懇話会
10(日) ● 北海道精神神経学会
13(水) 教室セミナー ● 認知症の見立てと診断・治療・ケア:砂川市立病院精神科 部長 内海久美子先生
20(水) 研究会 ● 第2回統合失調症研究会:金沢医科大学精神神経科学講座 教授 川﨑康弘先生
23(土)-24(日) ● 夏季セミナー
27(水) 教室セミナー ● 産業メンタルヘルス:河西千秋 教授

2016年8月

03(水) ● 納涼会(ビール園)
10(水) 教室セミナー ● 脳波検査:河西千秋 教授
17(水) 教室セミナー ● 自殺予防のための10エッセンシャルズ:河西千秋 教授
24(水) ● 外来・病棟緊急時対応講習会:石井貴男 助教
31(水) ● 行動制限最小化学習会:白石将毅 助教

2016年9月

07(水) 研究会 ● 第1回札幌うつ病研究会:獨協医科大学精神神経医学講座 下田和孝 教授
14(水) ● 教室説明会
17(土) ● 日本臨床救急医学会PEEC研修会
21(水) 研究会 ● 精神療法:帝京大学精神神経科 教授 張賢徳先生
28(水) 教室セミナー ● 児童精神医学:ときわこども発達センター センター長 館農勝先生,谷内さなえ 臨床心理士

2016年10月

05(水) 研究会 ● 第2回精神科治療学研究会:レイフ・バーティルソン先生,Leif Bertilsson, Professor, Karolinska Institutet, Div of Clinical Pharmacology
12(水) ● (試行的取組)
16(土) ● 北海道精神神経学会 学術研修会
19(水) ● (試行的取組)
26(水) ● (試行的取組)

2016年11月

02(水) 教室セミナー- ● 神経学的所見の診かた・取り方:砂川市立病院精神科 部長 安村修一先生
9(水) 教室セミナー ● 依存症の見立てと治療の基本:医療法人資生会 千歳病院 院長 芦澤先生
16(水) 教室セミナー ● GID:被災地心のケアチーム活動報告会&災害精神医学に関する講演:岩手医科大学医学部災害・地域精神医学講座 特命教授 大塚耕太郎先生
22(土) 研究会 ● PPST研究会:岩手医科大学医学部災害・地域精神医学講座 特命教授 大塚耕太郎先生
23(水) ● (休日)
30(水) ● 北海道精神神経学会 予演会

2016年12月

07(水) 研究会 ● 第2回札幌メンタルヘルス研究会:国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存 研究部 部長 松本俊彦先生
14(水) 教室セミナー ● GIDの精神医学:北海道文教大学人間科学部作業療法学科 教授 池田官司先生
21(水) ● 忘年会
28(水) ● 納会

2017年01月

04(水) ● 教室総会
11(水) ● (
試行的取組)
18(水) ● 教室説明会
25(水) ● (試行的取組)

2017年02月

01(水) ● (試行的取組)
8(水) ● 試行的取組
15(水) ● (試行的取組)
22(水) ● (試行的取組)

2017年03月

01(水) 教室セミナー ● 新人発表会
08(水) ● (幹部会慰労会)
15(水) ● 送別会
22(水) ● 新年度直前ミーティング
29(水) ● (年度末休会)

2015年4月

01(水) 教室総会
8(水) 教育セミナー 抑うつ状態患者診察(講義・グループワーク):河西千秋 教授
15(水) 歓迎会
22(水) (試行的取組)
29(水) (祝日)

2015年5月

06(水) (祝日)
13(水) (試行的取組)
18(水) 研究セミナー 児童精神医学セミナー(北海道大学):河西千秋
27(水) 教育セミナー 抄録・プレゼン作成(講義・グループワーク):河西千秋

2015年6月

03(水) 教育セミナー 自殺リスクアセスメント(講義・グループワーク):河西千秋
10(水) 研究セミナー WHOメンタルヘルスギャップ:長崎大学医学部精神神経科学教室・小澤寛樹先生
17(水) (試行的取組)
24(水) (お休み)

2015年7月

01(水) 地方会予行
08(水) 教育セミナー リエゾン・緩和医療・せん妄:石井貴男
15(水) 研究セミナー 日常臨床から生まれる研究:埼玉医科大学国際医療センター/精神腫瘍科・大西秀樹先生
22(水) (試行的取組)
29(水) 研究セミナー 第1回札幌統合失調症研究会 統合失調症の病態と治療-予防からリカバリーまで
(ニューオータニイン札幌):横浜市立大学医学部精神医学教室・平安良雄先生

2015年8月

05(水) 納涼会(ビール園)
12(水) 教育セミナー 児童精神医学:ときわこども発達センター/ときわ病院・館農勝先生
19(水) (試行的取組)
26(水) 研究セミナー 地域包括ケアシステム時代の地域精神医療の課題と展望:
国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所・福田祐典先生

2015年9月

02(水) 教育セミナー 依存症治療:植苗病院・芦沢健先生
09(水) 教育セミナー 統合失調症:浦河ひがし町診療所:川村敏明先生
16(水) 教室説明会
23(水) (祝日)
30(水) 研究セミナー 北海道うつ病治療講演会 より良いアウトカムを目指した軽症うつ病の治療戦略-薬物
療法と精神療法の融合を目指して:帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科・張賢徳先生

2015年10月

07(水) 研究セミナー 認知症:大阪大学医学部神経科・精神科・数井 裕光先生
14(水) 教育セミナー 認知症:砂川市立病院精神科・内海久美子先生
21(水) 教育セミナー Action-J事業化説明会:河西千秋
28(水) (未定)

2015年11月

04(水) 研究セミナー 地域精神保健:岩手医科大学神経精神科学講座・大塚耕太郎先生
11(水) 地方会予行
18(水) 教育セミナー GID:北海道文教大学人間科学部作業療法学科・池田官司先生
25(水) 研究セミナー 双極性障害の生物学:理化学研究所 脳科学研究センター 精神疾患動態研究チーム・加藤忠史先生

2015年12月

02(水) 研究セミナー 第1回札幌メンタルヘルス研究会:国立精神・神経研究医療センター 認知行動療法センター・大野裕先生
09(水) 研究セミナー うつ病の生物学的病態:呉医療センター 臨床研究部・竹林実先生
16(水) 忘年会
23(水) (祝日)
30(水) (祝日)

2016年01月

06(水) 新年会
13(水) 教育セミナー 自殺未遂者のケア:河西千秋
20(水) 教室説明会
27(水) (未定)

2016年02月

03(水) 研究セミナー 救急部との合同研究会
10(水) 教育セミナー 産業メンタルヘルス:河西千秋
17(水) (試行的取組)
24(水) (未定)

2016年03月

02(水) (試行的取組)
09(水) 教育セミナー 発表会(グループワーク):河西千秋
16(水) 送別会
23(水) (未定)
30(水) (お休み)

スタッフ紹介

staff_6_kawanishi

名前 河西 千秋(かわにし ちあき)
役職 主任教授・診療科長
専門 行動科学、臨床精神薬理学、地域精神保健学、自殺予防学、産業・高等教育機関領域のメンタルヘルス
所属学会 日本精神神経学会(理事)、日本うつ病学会(理事)、日本統合失調症学会、日本老年精神医学会、日本自殺予防学会(理事)、日本総合病院精神医学会、日本精神科救急学会(理事)、日本精神神経薬理学会(理事)、国際自殺予防学会(日本国代表)など
資格・専門医 精神保健指定医,日本精神神経学会認定精神科専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医・指導医、日本臨床精神神経薬理学会指導医・専門医、日本医師会認定産業医,一般病院連携精神医学特定指導医,産業医,精神腫瘍学の基本教育に関する指導医
一言 人の最高次機能である「精神」という小宇宙。精神科は、これに心理学や精神病理学、脳科学、そして地域社会などの視点から取り組むという、複雑で魅力的な仕事です。北海道から世界を眺めながら、一生を棒に振るような仕事を一緒にしませんか?札幌でお待ちしています。

EH

名前 橋本 恵理(はしもと えり)
役職 准教授
専門 生物学的精神医学
所属学会 日本精神神経学会、日本生物学的精神医学会、日本神経精神薬理学会、日本うつ病学会、日本神経化学学会、日本アルコール・アディクション医学会、日本総合病院精神医学会、日本心身医学会

World Federation of Societies of Biological Psychiatry (WFSBP),International College of Neuropsychopharmacology (CINP),International Society og Biomedical Research on Alcoholism (ISBRA),Asia-Pacific Society for Alcohol and Addiction Research (APSAAR)

資格・専門医 精神保健指定医,臨床研修指導医,日本精神神経学会認定精神科専門医・指導医、日本総合病院精神医学会一般病院連携精神医学特定指導医)
一言 精神医学を志す方へ:精神科臨床は、多種多様な方のいろいろな気持ちや経験を共有させていただく機会にあふれていて、とても深く豊かな世界だと思います。また、脳科学研究も、ミクロからマクロまで無限の可能性を感じる、不思議でいっぱいの楽しい世界です。きっと皆さんの前にはたくさんの感動が待っています。

staff_7_ishii

名前 石井 貴男(いしい たかお)
役職 助教
専門 リエゾンコンサルテーション、緩和ケア、精神薬理学
所属学会 日本精神神経医学会、日本生物学的精神医学会、日本総合病院精神医学会
資格・専門医 精神保健指定医、日本精神神経医学会認定精神科専門医・指導医、日本総合病院精神医学会一般病院連携精神医学特定指導医、日本医師会認定産業医,精神腫瘍学の基本教育に関する指導医。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

名前 畠山 茂樹(はたけやま しげき)
役職 助教
専門 精神医学全般(特にリエゾン・コンサルテーション、認知症など)
所属学会 日本精神神経学会、日本老年精神医学会、日本総合病院精神医学会
資格 専門医精神保健指定医,臨床研修指導医,日本精神神経学会認定精神科専門医・指導医、精神腫瘍学の基本教育に関する指導医
一言 誇れるものなど何もありませんが、広い視野と見た目に似合わぬフットワークの軽さを武器に、求められる役割をできるだけこなし、楽しく仕事ができればとおもっています。。

名前 白石将毅(しらいしまさき)
役職 助教、病棟医長
専門 臨床精神医学
所属学会 日本精神神経学会、北海道精神神経学会
資格・専門医 精神保健指定医、臨床研修指導医,日本精神神経学会認定精神科専門医・指導医
一言 病棟医長をやっています。手前味噌ですが、札幌医大精神科は多職種が集まり、みんな仲良くアットホームで、とても働きやすいところです。札幌医大以外の出身の方も多く連絡いただければ日程を調整して案内します。皆様ぜひ気軽に見学に来てください。気分転換にはマラソンと水泳、自転車をやっています。一緒にやる方募集中です。

staff_4_kigawa

名前 木川 昌康(きがわ よしやす)
役職 助教・教室長
専門 臨床精神医学、精神薬理学、精神生物学、腫瘍精神医学
所属学会 日本精神神経学会、日本うつ病学会、日本司法精神医学会、日本神経化学会、日本サイコオンコロジー学会
資格・専門医 精神保健指定医、臨床研修指導医、日本精神神経学会認定精神科専門医、精神腫瘍学の基本教育に関する指導医
一言 特技というか,好きなのはVivoの実験です。精神生物学的分野,実験全般に興味のある方は特に大歓迎です。臨床では緩和医療にもタッチしています。自分自身は完全な朝型人間。麻酔科並です。でも我が家で一番の早起きはお腹をすかせたポメラニアンです。趣味は家族向けの料理。最近のお気に入りの言葉は,「料理は実験ですね 研究しながら楽しむもの」(水野真紀)

YAMAyamasha-09_TP_V

名前 坂田太(さかた ふとし)
役職 助教
専門 臨床精神医学
所属学会 日本精神神経学会、北海道精神神経学会
資格・専門医 精神保健指定医、臨床研修指導医、日本精神神経学会認定精神科専門医・指導医
一言 来談者中心の医療を心掛けています。

OH89_hokaidounodaichi_TP_V

名前 佐久川 信(さくがわ しん)
役職 診療医
専門 臨床精神医学
所属学会 日本精神神経学会、北海道精神神経学会
資格・専門医 精神保健指定医、臨床研修指導医

ELL93_hanahirakuyouran20140221_TP_V

名前 立花 蘭(たちばな らん)
役職 診療医
専門 臨床精神医学
所属学会 日本精神神経学会、北海道精神神経学会
資格・専門医 精神保健指定医
一言 精神科は他の科と違って、患者さんの話をじっくり聞くことが診断にも治療にも繋がります。それだけではなく、画像などの客観的なデータや、その患者さんの社会的な背景等、総合的に診て寄り添っていく事が出来る科です。人間の在り方、生き方そのものに興味がある方大歓迎です。沢山の患者さんを笑顔に出来る様に一緒に学んでいきましょう。

YAMAyamasha-14_TP_V

名前 西村 拓哉(にしむら たくや)
役職 診療医
専門 臨床精神医学
所属学会 日本精神神経学会、北海道精神神経学会

牧野先生

名前 牧野 愛恵(まきの かなえ)
役職 診療医
専門 臨床精神医学
所属学会 日本精神神経学会、北海道精神神経学会、老年精神学会
資格・専門医 精神保健指定医

YAMAyamasha-17_TP_V

名前 岩本 倫(いわもと とも)
役職 大学院生、診療医
専門 臨床精神医学、老年精神医学
所属学会 日本精神神経学会、北海道精神神経学会、日本老年精神医学会
資格・専門医 精神保健指定医、日本精神神経学会認定精神科専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医
一言 北海道は自然が多く、研修もゆったりできると思います。

OHT86_tudukukoudainanouchi_TP_V

名前 石田 智隆(いしだ ともたか)
役職 診療医
専門 臨床精神医学
所属学会 日本精神神経学会
一言 やせなくてはと思ってから、長い月日が流れました。今年こそはダイエットを成功させたいと思っています。もちろん、精神医学の勉強も頑張っていきたいと思っています。よろしくお願いします。

OH89_hokaidounodaichi_TP_V

名前 石田 哲朗(いしだ てつろう)
役職 診療医
専門 臨床精神医学
所属学会 日本精神神経学会、GID学会
一言 よろしくお願いします。

IMG_3186

名前 石橋 竜太朗(いしばし りゅうたろう)
役職 診療医
専門 臨床精神医学
所属学会 日本精神神経学会
一言 他大学出身ですが、そんなことを感じさせないような働きやすい環境だと思います。サブスペシャリティについては未定ですが、様々な分野に挑戦し、研鑽を積んでいきたいと考えております。趣味はスポーツ観戦と旅行です。※写真は本人です。

YAMAyamasha-11_TP_V

名前 成田 賢治(なりた けんじ)
役職 診療医
専門 臨床精神医学
所属学会 日本精神神経学会
一言 温かい雰囲気の教室です。しっかりとした指導体制のもと、確かな臨床技術を学ぶことができると思います。私も、ここで精神科医として成長する1年にしたいです。他者のため、社会のために何ができるかを考え、誠意を持って診療に取り組みたいと思っております。

staff_8_matsuyama

名前 松山 清治(まつやま きよじ)
役職 保健医療学部作業療法学第二講座・教授、附属病院神経精神科・兼務教授
専門 精神医学、神経生理学
所属学会 日本精神神経学会、北海道精神神経学会、日本生理学会、日本神経科学学会、日本生体医工学会、日本病態生理学会、Society for Neuroscience
資格・専門医 医学博士、精神保健指定医、生理学エデュケーター(日本生理学会認定)
一言 神経生理学者として基礎医学研究の道を長らく歩んだ後に精神医学の世界に入って来ました。ヒトの『こころ』を対象とする精神医学は、今後解明されるべき数多くのテーマが残されており、興味の尽きないとても魅力ある分野です。

Tateno_Portrait

名前 館農 勝(たての まさる)
役職 非常勤講師、臨床准教授
専門 児童精神医学
所属学会 日本精神神経学会、児童青年精神医学会、ADHD学会など
資格・専門医 精神保健指定医、精神神経学会専門医・指導医、児童青年精神医学会認定医、子どものこころ専門医
一言 非常勤で、発達の不安やこころの悩みを抱えたお子さんの診療を担当しています。神経精神科外来での診療ですが、院内他科や関連病院からの紹介により、就学前のお子さんを中心に対応しています。精神科的サポートが必要な親御さんとともに、お子さんの育ちを支援していくため、多職種、多施設連携での診療を心がけています。

鵜飼 写真

名前 鵜飼 渉(うかい わたる)
役職 兼務講師、医療人育成センター教育開発研究部門准教授
専門 神経精神薬理学・脳神経再生医学
所属学会 日本神経化学会、米国神経科学会、日本薬理学会、国際神経精神薬理学会、日本生物学的精神医学会(評議員)、日本神経精神薬理学会(評議員)、国際アルコール医学生物学会、他
資格・専門医 医学博士
自己PR
(特技・趣味なども)
BDNF(神経栄養因子)や幹細胞を用いた,精神疾患に対する脳神経回路修復・再生研究に専心。文部科学省新学術領域研究プロジェクトの一員として,iPS細胞を用いた精神疾患病態研究に参画。子どもと自然を考える活動(当別エコロジカルコミュニティー・日本野外生活推進協会等に所属),剣道を通した元気な子どもの育成も応援中(青空瑞山会所属)。
一言 研究活動は,“自分を見つめる”ことです。大学院に入って,脳(こころの)科学を修め,臨床で,信念をもって自分のライフワークを進める姿をアシストしたいです!

小林-顔写真

名前 小林 清樹(こばやし せいじゅ)
役職 非常勤講師
専門 臨床精神医学、老年精神医学
所属学会 日本精神神経学会、日本老年精神医学会、日本認知症学会、日本高次脳機能学会、日本抗加齢医学会、日本精神科診断学会
資格・専門医 精神保健指定医、日本精神神経学会認定精神科専門医・指導医、日本老年精神医学会認定専門医

ELLY863_kara-rihu14091309_TP_V

名前 米田 舞 (よねた まい)
役職 臨床心理士
専門 臨床心理学
所属学会 日本緩和医療学会、日本サイコオンコロジー学会、日本造血細胞移植学会、北海道精神神経学会
一言 「その人らしさ」を支えるべき努力して参ります。

小笠原さん

名前 小笠原 雅美(おがさわら まさみ)
役職 臨床心理士
専門 臨床心理学

谷内さん

名前 谷内早苗(たにうちさなえ)
役職 臨床心理士
専門 臨床心理学
所属学会 日本児童青年精神医学会、日本心理臨床学会
一言 一人ひとりの出会いに感謝することを忘れず、その方にあった支援を目指しています。一緒に勉強しましょう。

新井田さん

名前 新井田 愛美(にいだ まなみ)
役職 臨床心理士
専門 臨床心理学
所属学会 GID学会
一言 患者様が少しでも自分らしく生活ができるよう、より良い方法を模索し、一緒に考えていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

中村さん

名前 中村 多喜子(なかむら たきこ)
役職 臨床心理士
専門 臨床心理学
所属学会 日本心理臨床学会
一言 今できることを少しずつでもやってみようと思っています。よろしくお願いいたします。

ELLY14040906_TP_V

名前 伊東 美波(いとう みなみ)
役職 臨床心理士
専門 臨床心理学
所属学会 日本心理臨床学会、日本総合病院精神医学会
一言 人との出会いや関わりを大切に、一緒に考え、気づきの機会を増やしていけたらと考えています。よろしくお願いいたします。

IMG_0552

名前 長尾 智誠(ながお とものぶ)
役職 臨床心理士
専門 臨床心理学
所属学会 日本心理臨床学会
一言 お話にしっかりと耳を傾けながら,気持ちを整理するお手伝いができたらと思っています。また,抱えられている課題に対しては,日常生活に合った解決方法を一緒に模索していければと考えております。

津山さん

名前 津山 雄亮(つやま ゆうすけ)
役職 臨床心理士
専門 臨床心理学
所属学会 日本心理臨床学会
一言 これまで小児科や精神科で勤務をしてきました。患者様のよりよい生活に資する働きができるよう頑張ってまいります。宜しくお願いいたします。

岩木さん2

名前 岩木敦子(いわきあつこ)
役職 主任精神保健福祉士
一言 患者さんが希望の生活を得られるよう、気持ちに寄り添い支援していきたいと思っております。まだまだ未熟者ではありますが、PSWとしてさらに成長できるよう日々精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

昌川さん

名前 昌川 安希子(まさかわ あきこ)
役職 精神保健福祉士
一言 患者様の生活を常にイメージしながら支援できるよう心掛けております。

キアゲハ写真Sサイズ

名前 辻野 華子(つじの はなこ)
役職 研究員
専門 生物学的精神科学
資格 文部科学省学芸員・実験等物技術者
一言 細胞実験から,研究関連の事務業務まで,研究室のいろいろな仕事に携わっています。現在,難治性うつ病の病態解析と神経再生治療法の可能性の探索や,統合失調症患者由来iPS細胞を用いた神経シナプス形成異常の解析研究に力を入れており,研究結果を少しでも早く,患者さんや社会に還元できるよう,研究チームの皆と,苦楽を共にしながら格闘・前進する日々です。趣味は農作業と読書です。
虫を愛でながら,晴耕雨読の生活が理想ですが,現実は,細胞の様子や実験結果に一喜一憂する日々でございます。

小野さん

名前 小野 真奈美(おの まなみ)
役職 研究補助員

西村さん

名前 西村 恵美(にしむら えみ)
役職 研究補助員