ご挨拶

私たちの講座のウェブサイトを訪ねていただきありがとうございます。
札幌医科大学は、大都市・札幌の中心に位置しつつ、北海道公設の大学として地域医療に貢献する非常に特色ある医科総合大学です。
私は、平成27年1月1日に、医学部神経精神医学講座の第5代教授として札幌医科大学に着任しましたが、着任後に、当講座の最重要課題として「教育」を打ち出し、新しい名刺に、「札幌医科大学が育てる精神科医」と印字しました。
当講座では、医学部・大学院教育・初期研修医教育は当然のこととして、特に後期研修医の教育に注力しています。後期研修医には真のプロフェッショナルとなるための基礎的教育を徹底的に行います。具体的には、日々の診療教育や各種カンファレンス、そして毎週実施される教育セミナーや研究セミナーを通じて、情熱とhospitalityに溢れたスタッフと私とで後輩医師をがっちり指導します。
当講座の目ざすところは、単に、診察室で最良の医療を行うことではなく、また私たちの担当患者さん方だけを護ることでもなく、病院や大学全体、そして地域全体のメンタルへルス・リテラシーの向上にあります。
札幌医大神経精神医学講座には、臨床研究、精神生物学研究、そして精神保健研究の3本柱があります。私自身の関心研究領域は、重篤な、そして、いわばのっぴきならない症候・病態にありますが、そのような事象は多くの場合、精神保健の問題とも深く結びついており、まさに研究による現状打開を必要としています。力の余っている後輩医師には、是非、研究にも携わってもらいたいと思っていますし、皆さんとともに、札幌から世界に向けて研究成果を発信していきます。
世界の人が魅了されるこの北海道の地で、私たちとともに、精神科医として仕事をしてみませんか?プロの精神科医としてしっかりトレーニングを受けたい方、あるいは精神医学研究に興味をお持ちのかたは、是非、当講座をお訪ねください。
私たちチームへの皆さんの参加を心からお待ちしております。

北海道公立大学法人 札幌医科大学
神経精神医学講座 教授 河西千秋