後期研修医・入局者募集

北海道、札幌で精神科医を目指しませんか!

back1

後期研修医の募集

札幌医科大学神経精神科では、多数の後期研修医を募集しています。当科は、魅力にあふれる街・札幌を拠点に、道内唯一の公設大学医学部精神科として、このウェブサイトに書かれているような多様な、そして特色ある診療・教育・研究・地域貢献活動を道内で展開しています。当科で後期研修を行うメリットとして、以下の点があります。
・多数の症例経験による豊富な臨床経験が可能
・措置、応急入院を大学附属病院で経験することが可能(最短での指定医・専門医申請が可能)
・コンサルテーション・リエゾンに注力した指導と豊富な診療経験
・一般救急医療受療患者へのケア・モデルをベースとしたトレーニング
・附属病院における多様な専門外来・研究活動への参加が可能
・屋根瓦式と包括教育システムによるきめの細かい診療教育指導
・後期研修医に特化した教育セミナーの開催
・豊富な関連保健機関・関連病院ネットワーク
・関連医療機関における物質依存症診療研修が可能
・地域のメンタルヘルス・リテラシー向上のための各種活動への参加が可能
・地域のさまざまな医療機関での地域医療の実践が可能
・希望により大学院博士課程での研究活動(臨床・基礎)への移行が可能

後期研修修了医師、他科医師も募集しています!

当科では、既に精神科医としてキャリアを積んでいる方や、他科で働いている方で精神科医に転籍したい方も募集しています。精神科医としてのさらなる研修の補充や、他科医師への診療教育指導も、きめ細かく行っています。なお、現在も、外科系・内科系からの転籍者が複数当科に所属しています。
本州や四国・九州で働いていて実家の北海道に戻る予定の方も、当科に一度所属をした上での北海道でのキャリア継続をぜひお考えになってみてください。

教室員からの声

①若手、他大学出身者

当教室の良さは「アットホーム」な所です。
私は地元は札幌ですが、道外の大学を卒業した私にとって、北海道の大学医局情報には乏しい状況でした。特に、札幌医大と聞くと、なんとなく「自大出身者が多く、外から入りにくい」的なイメージがありました。しかし、医局見学の問い合わせの時点からとても暖かく迎えてもらい、行ってみると、本州含め様々な大学出身の先生がおり、分け隔てなく和気あいあいとした雰囲気で安心しました。
困った時に助け合える土壌がしっかりできていて、頼れる先輩や仲の良い同期がたくさんでき、気持ちよく仕事ができます
可愛い後輩がますます増えることを楽しみにしています!

②若手、札幌医大出身者

精神疾患は、最近5大疾病に位置づけられて、映画とかドラマ、小説のテーマになるなど人々の関心も高く、ストレス社会といわれる現代には無くてはならない科だと考えています。そういった疾患を抱える人たちが少しでも笑顔になれるように、上級医の先生方に親身にご指導を頂きながら、日々切磋琢磨しています。百聞は一見に如かず。精神科に少しでも興味のある方は、まずは一度見に来てください。病院見学・セミナー参加体験など、いろいろ可能でいつでも大歓迎です!お待ちしています!

③中堅、他大学出身者、転籍

札幌医大の医局は出身大学混成で、医局の雰囲気も運営もとても民主的で、内外の仲間、先輩・後輩を助け合うという精神があってとても良いと思いました。附属病院では、とくにコンサルテーション・リエゾンの指導が他よりも充実していると思います。また、研究セミナーや教育セミナーも驚くほど充実していて、居ながらにして日本や世界のフロンティアの先生と接することができて贅沢です。教育に力をいれているというのは、本当にその通りだと思います。

お問い合わせは下記まで!

問い合わせ、見学、訪問による教室・診療科説明の希望は下記まで平日9時‐17時の時間帯にご連絡ください。
TEL: 011-611-2111(札幌医科大学代表番号)
→代表番号から神経精神医学教室を呼び出してください。

担当者1:神経精神医学教室・教室長・ 石井 貴男
担当者2:副教室長・木川 昌康
もしくは、下記までメールを頂けましたら、返信させて頂きます。
npsysapmed@gmail.com