メンタルヘルス&クライシス・インターベンション研究グループ

icon1

メンタルヘルス(精神保健)とは、精神疾患だけでなく心の健康を含む概念であり、クライシス・インターベンション(危機介入)とは、心の危機状態にある人への迅速支援を意味します。メンタルヘルス&クライシス・インターベンション研究グループは、精神科にかかっている患者さん以外にも、国民全体の心の健康問題を取り扱います。例えば、社会のさまざまな領域におけるメンタルヘルス・リテラシー、がんなどの身体疾患における心理的問題や合併精神疾患、緩和医療における患者さんの心理的問題、救命救急センターに搬送される自殺関連行動などが研究対象です。「社会のさまざまな領域…」では、職域のメンタルヘルス、さらに医療者のメンタルヘルスも含まれます。このように、当研究グループの研究領域は、地域精神保健学、産業精神保健学、精神腫瘍学、コンサルテーション・リエゾン精神医学、緩和医療学、精神科救急、臨床精神薬理学、自殺予防学など広い領域を包含しています。現在の実践活動、及び研究は以下の通りです。
・コンサルテーション・リエゾンにおける薬物療法の最適化
・救命救急センターにおけるACTION-Jモデル(自殺未遂者の自殺再企図防止)の実践と普及
・自殺関連行動の危険因子研究
・自殺予防のための地域介入
・地域におけるメンタルヘルス支援ネットワークの構築
・メンタルヘルス教育ツール、および自殺予防教育ツールの開発
・病院内の自殺予防と事後対応システムの開発
・大学・医療機関におけるメンタルヘルス支援システムの構築
・治療抵抗性・難治性精神疾患の病態研究

当教室ホームページに、「WHO 刊行の自殺予防の手引きの正式日本語版(PDF)」を掲載しています。