外来診療

icon1

当院の病床数は36床で、精神科では最も手厚い10対1看護を採用しており、平均在院日数は40日を切っています。入院外来診療は、7診療室体制で行っています。新患診察は予約制で2人/日と関連医療機関からの急患対応で行っており、コンサルテーション・リエゾン新患は人数制限なしで対応しています。
外来患者数は、各臓器別内科とほぼ同じで多くの患者さんの診療にあたっています。
一般外来では、あらゆる精神疾患に対応しています。さらに、以下の専門外来を擁しています。

・リエゾン・コンサルテーションと緩和診療
・もの忘れ専門外来
・GID(性同一性障害)クリニック
・こどもメンタルクリニック

各専門外来の詳細は、下記紹介を参照して下さい。
再来では、患者さんに応じて臨床心理士によるカウンセリングと心理検査も併用しています。また、当教室に所属する2名の精神保健福祉士が患者さんの心理社会的背景に対してソーシャルワークに当たります。外来診療では、医師、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士、他診療科スタッフや中央部門のコメディカル・スタッフ、そして地域の関連保健・医療機関との協働、チーム医療に心がけ、患者さんにとって最良の医療の提供を心がけています。