新着ニュース


10月21日

つくば市で開催のPsychiatry Forum 2016 in Ibarakiにおいて、河西教授が講演をします。


10月18日

十勝学術講演会において、河西教授が講演をします。


10月10日

第3回全道自死遺族交流会において、河西教授が講演をします。


10月08日

東京で開催の、第51回日本アルコール・アディクション医学会学術総会において、河西教授が教育講演を行います。


10月07日

北海道中央バスの管理職を対象に、河西教授がメンタルヘルス管理・支援のための研修会講師を務めます。


10月05日

カロリンスカ医科大学名誉教授で、臨床薬理学のパイオニアの一人であるレイフ・バーティルソン教授が当講座でランチョン・セミナーを開講します。また、19時から、京王プラザホテル札幌にて開催の第2回札幌精神科治療学研究会で講演をします。


10月01日

第101回名古屋心身医学研究会において、河西教授が講演をします。


9月23日

札幌で開催される日本サイコオンコロジー学会大会において、河西教授がシンポジウム講演をします。木川助教(教室長)をはじめ、教室員が演題発表を行います。


9月21日

北海道うつ病治療講演会が、TKPガーデンシティ札幌駅前にて19時から開催されます。講師は、帝京大学溝口病院精神科教授・張賢徳先生です。


9月17日

第1回札幌PEEC研修会(日本臨床救急医学会公認研修会)が河西教授のコーディネートにより開催されました。道内では初の開催でしたが、約40名の一般救急医療スタッフが参集し盛会のうちに終了となりました。今後も、当講座と本学救急医学講座のコラボにより、北海道PEECを継続開催していく予定です。


9月16日

南渡島地域の自殺未遂者ケアに関する協議会が開催され、河西教授がレクチャーをしました。


9月14日

今年度、第1回の精神科専門医制度・講座説明会を行いました。


9月07日

第2回札幌うつ病研究会が開催され、獨協医科大学精神神経科学講座・下田和孝教授が講演をされました。


9月06日

北見赤十字病院で、自殺未遂者の継続支援(ACTION-J介入モデル)に係る研修会が開催され、河西教授と須貝精神保健福祉士が講師を務めました。


9月04日

道新ぶんぶんクラブ・札幌医科大学共催の第2回すこやかライフ講座で、河西教授が講演を行います(札幌医科大学講堂、市民公開講座、無料)


8月27日

北海道アシスト協会が行う、道内被災者支援研修会において、河西教授、岩木精神保健福祉士、森元作業療法士(本学保健医療学部)が講師を務めます。


8月26日

河西教授が、がんセンター中央病院において臨床研究に関するセミナーを行います。


8月25日

河西教授が、さっぽろ悠心の郷 ときわ病院においてセミナーを行います。


8月18日

第54回全国大学保健管理協会北海道地方部会研究集会において、河西教授が特別講演を行います。


8月05-06日

名古屋で開催された、日本うつ病学会総会において、河西教授が生徒と学生の自殺予防に関するシンポジウムのコーディネーター・座長を務め、河西教授、石井助教、井上診療医が、学会研修会(自殺予防の10エッセンシャルズ)で講師・ファシリテーターを務めました。


7月30-31日

「救命救急センターに搬送された自殺未遂者の自殺企図の再発防止に対する複合的ケース・マネージメントに関する研修会」が慶応大学附属病院内で開催され、河西教授が講師を務めました。


7月27日

河西教授が、産業精神保健の教育セミナーを行いました。


7月23-24日

当教室恒例の夏季セミナーが開催されました。レクチャー、グループワークなどに多くの同門医師、初期研修医、学生が参加しました。特別講師として、岩手医科大学の八木淳子先生、東京都総合医学研究所の安藤俊太郎先生にお出いただきました。


7月20日

金沢医大・川﨑教授が第2回札幌統合失調症研究会で講演をされました。


7月16-17日

日本医療機能評価機構患者安全推進協議会主催の「院内自殺事故予防と事後対応研修会」が開催され、河西教授、石井助教、井上診療医が講師・ファシリテーターを務めました。


7月13日

砂川市立病院精神科部長で教室同門の内海先生が、認知症に関する教育セミナーを開催しました。


7月10日

当教室が主管を務める、北海道精神神経学会例会と生涯教育研修会が開催されました。江本診療医、井上診療医が一般演題を発表しました。また、教室同門の池田文教大教授が性同一性障害に関する教育講演を行い、シンポジウムのコーディネーター・座長を務めました。


7月09日

当教室同門会役員会が開催されました。


7月07日

田山心理士が、ソウルで開催された第46回日本神経精神薬理学会年会において、「Excellent Presentation Award」を受賞しました。


6月22日

医学生向けの専門医制度説明会(第1回)が行われます(教室行事に掲載されている行事がこちらの行事へと変更されています)。詳しくは石井助教にお問い合わせください。


6月21日

河西教授が、札幌産業医協議会研修会で講演をします(産業医更新ポイント対象)


6月15日

第1回精神科治療学研究会(ニューオータニイン、19時から)において、奈良県立医科大学精神医学講座・岸本年史教授が講演をされます。


6月10-11日

札幌医科大学附属病院にて、自殺未遂者継続支援の診療報酬請求にかかる特定研修会が開催されます。詳しくは、須貝PSWにお問い合わせください。


6月8日

教室セミナーにおいて、ヒルピ・ソイニ先生(フィンランド)が、フィンランドに精神科リハビリテーションについてお話をされます。


6月1日

教室教育セミナーにおいて、小林講師が、認知症の画像検査と鑑別診断について講義を行います。


5月25日

順天堂大学附属練馬病院の八田耕太郎を教室セミナーにお招きして、せん妄の臨床研究についてレクチャーをしていただきました。


5月18-21日

第7回国際自殺予防学会アジア・太平洋地域大会/第40回日本自殺予防学会総会が東京で開催されます。当講座の河西教授が大会事務局長・総会会長を務めるほか、多くの講座関係者が運営に当たり、講演・座長・発表を行います。


5月11日

教室セミナーは、ローザンヌ大学精神科教授(コンサルテーション・リエゾン部長)のFriedrich Stiefel教授をお招きして同大学のコンサルテーション・リエゾン・サービスを含む精神科医療サービスについて講義をしていただきます。札幌医科大学神経精神医学講座関連施設のかたは参加可能です。


4月27日

教室セミナーで、リエゾン・コンサルテーション、および緩和医療に関する教育研修が行われます。札幌医科大学神経精神医学講座関連施設のかたは参加可能です。


4月20日

教育セミナーが開催されました。内容は、抑うつ状態の患者さんの診察で、初期研修医と1年目の後期研修医を対象に二部構成のロールプレイ実習が行われました。第1部は抑うつ状態の患者さんの初診診察で、第2部は、自損行為と再診した患者さんへの対応とアセスメントが課題でした。当講座の多職種がチームとなり、患者役、患者家族役と評価者(2名)をそれぞれ務めました。研修医の先生がたからは、とてもためになった。自損行為の患者さんへの対応を経験しておいてよかったという感想が聴かれました。役割を担った側からも、自分の診察を振り返る機会になってよかったという声が聴かれました。


4月20日

4月20日より、平成28年度の教室セミナーが開催されます。詳しくは「教室行事」を参照してください。同門、関連病院関係者は参加可能です。参加希望者は教室長までご連絡ください。


4月19日

神経内科との合同研究会が札幌プリンスホテルで開催され、神経精神医学講座同門の宮澤先生(ときわ病院)が講演をされます。


3月24日

横浜市立大学で開催される厚生労働省自殺未遂者再企図防止事業研修会で、河西教授が講演をします。


3月19-20日

東京で開催されるGID学会にて、当科の池田先生が座長を務め、新井田臨床心理士が演題発表を行います。


3月13日

厚生労働省主催の自殺未遂者ケア研修会で、河西教授が講師を務めます。


3月8日

札幌医科大学が、北海道自殺対策連絡会議に参加しました。


2月29日

旭川いのちの電話市民公開講座(旭川市民文化会館、18時)において、河西教授が講師を務めます。


2月28日

東京で開催される、日本精神科神経科診療所協会第5回自殺対策講演会において、河西教授が基調講演を行います。


2月24日

本学記念ホール(18時)において、厚生労働省自殺未遂者再企図防止事業関連職研修会(参加無料、どなたでも参加できます)が開催されます。


2月21日

北海道児童青年精神保健学会において、河西教授が特別講演を行います。


2月20日

厚生労働省主催「自殺未遂者ケア研修会」(東京)で、河西教授が講師を務めます。


2月16日

北海道いのちの電話市民公開講座(札幌市民ホール、18時30分)において、河西教授が講師を務めます。


2月6-7日

河西教授が、post ACTION-Jケース・マネージャー研修会(大阪)で講師を務めます。


2月3日

本学高度救命救急センターと神経新医学講座の合同研究会が開催されます。


2月1-2日

河西教授が院内のトピック研修会(医療安全)で、医療スタッフのメンタルヘルスと医療安全に関して講演を行います。


1月23日

一般社団法人北海道広域避難アシスト協会開催の、「災害後のメンタルヘルスアプローチ②,応用編(事例検討)」研修会(TKP札幌ビジネスセンター・カンファレンスルーム)において、河西教授、岩木精神保健福祉士、新井田臨床心理士、井上診療医、須貝精神保健福祉士が講師・ファシリテーターとして参加します。


1月22日

河西教授が、国立精神・神経医療研究センター臨床研究ワークショップで講師を務めます。


1月20日

神経精神科の選択ポリクリ実習プログラム説明会を行います。


1月19日

河西教授が、札幌市医師会中央区東支部・西支部合同学術講演会で地域の自殺予防対策の講演をします。


1月16日

河西教授と小林講師が、道新ホールで講演を行います(14時から、札幌医大・先端医学公開講座、市民向けの無料講演会)


2016年 1月15日

当教室の共同研究者である、東京農業大学・喜田聡先生が本学においてセミナーをされます。詳しくはお問い合わせを。


12月25-26日

東京で開催された日本医療機能評価機構患者安全推進協議会による「院内自殺の予防と事後対応のための研修会」において、河西教授と石井助教が講師を務めました。


12月17日

河西教授が渡島保健所管内にて医療従事者・地域支援者向けの自殺予防対策研修会にて講演者・助言者を務めました。


12月11日

名古屋市で開催された日本精神科救急学会のシンポジウムにおいて、河西教授が精神科救急と自殺予防に関する講演を行いました。


12月9日

国立病院機構呉医療センター・竹林実先生をお招きして教室内で研究セミナーを開催しました。


12月6日

当講座が主管を務める北海道精神神経学会の例会が開催され、後期研修医・出利葉先生が演題発表を行いました。また大学院生の岩本先生が学会助成研究の報告を行いました。


12月3日

第1回札幌メンタルヘルス講演会が開催され、認知行動療法研修開発センター・大野裕先生がご講演をされました。


12月1日・2日

東京で国際保健機関による西太平洋地域・自殺対策会議が開催され、河西教授が日本うつ病学会を代表してあいさつをし、またわが国から発信された「自殺対策のための戦略研究・ACTION-J」の成果とその施策化への進捗経過について講演を行いました。