Ⅰ.学会・研究会発表

国際学会発表

Wataru Ukai, Yoshiyasu Kigawa, Eri Hashimoto, Takao Ishii, Kengo Furuse, Hanako Tsujino, Toshikazu Saito: Stem cell therapy as a candidate treatment approach for neural plasticity change in alcohol-induced brain damage and depression: Stem cells and related epigenetic factors in alcoholism. 29th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Vancouver, 2014, 6(シンポジウム)

Satoe Ichihara-Takeda, Nozomu Ikeda, Kiyoji Matsuyama, Shintaro Funahashi: Effects of tailor-made cognitive rehabilitation method based on the prefrontal function on patients with dementia: A randomized controlled study. The 16th Congress of the World Federation of Occupational Therapists, Yokohama, 2014, 6(一般演題)

Takafumi Morimoto, Satoe Ichihara-Takeda, Kiyoji Matsuyama, Nozomu Ikeda: Support activities as members of a mental health care team for Great East Japan Earthquake-The role of occupational therapists in a disaster support team-. The 16th Congress of the World Federation of Occupational Therapists, Yokohama, 2014, 6(一般演題)

Wataru Ukai, Yoshiyasu Kigawa, Takao Ishii, Kengo Furuse, Hanako Tsujino, Eri Hashimoto, Toshikazu Saito: Combined application of drug and stem cells for treating alcohol-induced brain damage and depression. 16th International Society of Addiction Medicine Annual Meeting, Yokohama, 2014, 10(一般演題)

Miki Bundo, Taeko Miyauch, Takao Ishii, Wataru Ukai, Eri Hashimoto, Kiyoto Kasai, Tadafumi Kato, Kazuya Iwamoto: Separation of oligodendrocyte nuclei from human postmortem brains. 22nd World Congress of Psychiatric Genetics, Copenhagen, 2014, 10 (一般演題)

Masaki Nishioka, Miki Bundo, Akane Yoshikawa, Fumichika Nishimura, Takao Ishii, Wataru Ukai, Eri Hashimoto, Chihiro Kakiuchi, Kiyoto Kasai, Tadafumi Kato, Kazuya Iwamoto: Detection of somatic retrotransposition at single nucleotide resolution in patients with psychiatric disorders. 22nd World Congress of Psychiatric Genetics, Copenhagen, 2014, 10(一般演題)

Seiju Kobayashi, Masaru Tateno, TaeWoo Park, Kumiko Utsumi, Hitoshi Sohma, Yoichi M. Ito, Yasuo Kokai, Tomo Iwamoto, Eri Hashimoto: Apolipoprotein E4 in a Japanese population with Alzheimer’s disease and dementia with Lewy bodies.
14th International College of Geriatric Psychoneuropharmacology, Tsukuba, 2014, 10(一般演題)

国内学会発表

鵜飼渉,橋本恵理,木川昌康,石井貴男,古瀬研吾,辻野華子,齋藤利和:胎児期アルコール曝露と成長後のストレスを組み合わせた難治性うつ病モデルにおける神経幹細胞移植療法の有効性に関する研究,「飲酒文化における精神と消化器の相克」.第33回日本アルコール医学生物学研究会学術集会,高知,2014,1(シンポジウム)

佐々木健史,長峯 隆,松山清治:傾斜外乱時におけるラット動的姿勢調節反応の特徴.第91回日本生理学会大会,鹿児島,2014,3(一般演題)

上田順子,文東美紀,須永史子,西岡将基,橋本恵理,鵜飼渉,石井貴男,笠井清登,岩本和也,加藤忠史:精神疾患患者死後脳を用いた神経・非神経細胞の1塩基単位でのDNAメチル化解析.第8回エピジェネティクス研究会年会,東京, 2014,5(一般演題)

山田 恵,田中真生,高木麻里,小林清樹,田口芳治,高嶋修太郎,田中耕太郎,峠 哲男,初田裕幸,村山繁雄,林 祐一,金子雅幸,石浦浩之,三井 純,熱田直樹,祖父江元,下澤伸行,犬塚 貴,辻省次,保住功:本邦における特発性大脳基底核石灰化症の臨床的・遺伝学的検討.第55回日本神経学会学術大会,福岡,2014,5(一般演題)

Seiju Kobayashi, Hironori Kuga, Tsuyoshi Akiyama. Dementia Case Vignette 1&2. The 110th Annual Meeting of the Japanese Society of Psychiatry and Neurology(第110回日本精神神経学会学術総会), Yokohama, 2014, 6 (International Symposium)

橋本恵理,石井貴男,木川昌康,古瀬研吾,鵜飼渉,齋藤利和:うつ病とアルコールによる脳障害を生物学的相同性から考える,「うつ病のアルコール問題再考」.第11回日本うつ病学会総会,広島,2014,7(シンポジウム)

木川昌康,鵜飼渉,橋本恵理,石井貴男,古瀬研吾,辻野華子,齋藤利和:P3-33 胎生期と若年期ストレスを組み合わせた難治性うつ病モデルに対する薬物・細胞併用療法の可能性に関する研究.第11回日本うつ病学会総会,広島,2014, 7(一般演題)

鵜飼渉,辻野華子,木川昌康,古瀬研吾,田山真矢,石井貴男,橋本恵理.ヒトiPS細胞の効率的脳内投与(生着)と細胞投与後の脳機能解析に向けた検討.新学術領域研究(マイクロエンドフェノタイプによる精神病態学の創出)報告会,仙台,2014,7

早坂郁,松山清治,坂田太, 白石将毅, 荻原英之, 小林清樹, 石井貴男, 橋本恵理:認知症に対するECTの有効性.北海道精神神経学会第125回例会,札幌,2014,7(一般演題)

出利葉健太,松山清治,小林清樹,古瀬研吾,石井貴男,橋本恵理:統合失調症にアルツハイマー型認知症を合併した一例.北海道精神神経学会第125回例会,札幌,2014,7(一般演題)

米田舞,石井貴男,佐藤明美,水口亜紀,井山諭,鵜飼渉,渡辺昭彦,橋本恵理,山蔭道明:
造血細胞移植患者の移植前の精神状態の検討.第8回日本緩和医療薬学会総会,愛媛,2014, 10(一般演題)

木川昌康,鵜飼渉,石井貴男,古瀬研吾,辻野華子,橋本恵理,齋藤利和:AP3-6 薬物・細胞併用療法はアルコール性障害を含む難治性うつ病の新たな治療手段になりうるか.平成26年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会,横浜,2014,10(一般演題)

古瀬研吾,木川昌康,辻野華子,石井貴男,鵜飼渉,田山真矢,橋本恵理,齋藤利和:難治性うつ病における血中BDNF高値の意義~海馬と側坐核の神経機能変化の比較解析から~. 第33回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会,筑紫野,2014,10(一般演題)

森元隆文,村上竜太,塚本 雅,武藤健大,畑中悠紀,芳村康平,村上 元,菊池周志,児玉壮志,竹田里江,松山清治,池田 望:統合失調症を持つ人の自己効力感と社会的機能の関連要因間の相互関係.第22回日本精神障害者リハビリテーション学会,盛岡,2014,10~11(一般演題)

上田順子,文東美紀,西岡将基,橋本恵理,鵜飼渉,石井貴男,笠井清登,岩本和也,加藤忠史:統合失調症および双極性患者死後脳を用いた神経・非神経細胞でのDNAメチル化解析.第37回日本分子生物学会,横浜,2014,11(一般演題)

小林清樹,ベネデック安理,内海久美子,館農勝,岩本倫,橋本恵理:神経梅毒として加療を行った一症例の検討.第38回日本高次脳機能障害学会,仙台,2014,11(一般演題)

角谷陽平,石井貴男,木川昌康,橋本恵理:せん妄治療におけるトラゾドン・ラメルテオン併用療法の有用性についての予備的検討.第27回日本総合病院精神医学会総会,つくば,
2014,11(一般演題)

鵜飼渉,辻野華子,木川昌康,古瀬研吾,田山真矢,橋本恵理,齋藤利和.ヒトiPS細胞の効率的脳内投与(生着)と細胞投与後の脳機能解析に向けた検討.新学術領域研究(マイクロエンドフェノタイプによる精神病態学の創出)報告会,仙台,2014,7

竹浪美紗子,角谷陽平,荻原英之,木川昌康,石井貴男,橋本恵理:NPSLEの緊張病症状に対しロラゼパムが奏功した一例.北海道精神神経学会第126回例会,札幌,2014,12(一般演題)

白坂知彦,館農勝,田山真矢:インターネット依存と社会的ひきこもり、孤独感に対する実態調査.平成26年 北海道精神神経学会,札幌,2014,12(北海道精神神経学会助成金研究受賞報告)

Ⅱ.講演

松山清治, 佐々木健史: 歩行運動と姿勢. 第4回日本ボバース研究会学術大会 特別講演Ⅰ, 大阪, 2014, 7

中野倫仁:高齢者における臨床心理学. 北海道医療大学生涯学習事業, 札幌, 2014, 9

Ⅲ.論文

英文原著論文・総説

Kigawa Y, Hashimoto E, Ukai W, Ishii T, Furuse K, Tsujino H, Shirasaka T, Saito T: Stem cell therapy, a new approach to the treatment of refractory depression. J Neural Transm, 2014;121:1221-1232.

Ishii T, Hashimoto E, Ukai W, Kakutani Y, Sasaki R, Saito T: Characteristics of attempted suicide by patients with schizophrenia compared with those with mood disorders: a case-controlled study in northern Japan. PLoS One. 2014; 9:e96272.

Sauvanaud F, Lamy S, Hashimoto E, Riederer PF, Hasselbrock VM, Hasselbrock MN, Kann K, Ukai W, Sohma H, Schukit MA, Saito T, Thibaut F: Marquerus biologiques de l’alcoolosme. Alcoologie et Addictologie, 2014;36:207-224.

Yamada M, Tanaka M, Takagi M, Kobayashi S, Taguchi Y, Takashima S, Tanaka K, Touge T, Hatsuta H, Murayama S, Hayashi Y, Kaneko M, Ishiura H, Mitsui J, Atsuta N, Sobue G, Shimozawa N, Inuzuka T, Tsuji S, Hozumi I.  Evaluation of SLC20A2 mutations that cause idiopathic basal ganglia calcification in Japan. Neurology, 2014; 82, 705-712

和文原著論文・総説

齋藤利和,橋本恵理:内科医のためのアルコール依存症治療. Fronti Alcohol,2014; 2: 94-98.

坂田太,小坂優,牧野愛恵,吉川徹,畠山茂樹,橋本恵理:統合失調症と多発性硬化症の鑑別に苦慮した1例.精神科,2014; 24: 596-600.

竹田里江,竹田和良,池田望,松山清治,船橋新太郎,石合純夫:半側空間無視を有する認知症患者に対するコンピュータを用いた認知機能訓練の効果 ―前頭連合野機能の改善を基盤とし、個人の能力・興味にテーラーメイド可能な課題を用いて―. 老年精神医学雑誌,2014; 25: 1035-1045

鵜飼渉,木川昌康,石井貴男,古瀬研吾,辻野華子,岩本倫,田山真矢,白石将毅,橋本恵理,河西千秋,齋藤利和:胎児期アルコール曝露と成長後のストレスを組み合わせた難治性うつ病モデルにおける神経幹細胞移植療法の有効性.アルコールと医学生物学 2014; 33: 39-44

橋本恵理,鵜飼渉,石井貴男,木川昌康,古瀬健吾,辻野華子,齋藤利和:抗うつ効果とBipolarityの診断の糸口を求めて-血小板BDNF遊離機能の個体差のメカニズム解析から-.精神薬療研究年報 2014; 46: 50-51

鵜飼渉:未来の細胞療法,アルコール依存症.最新医学別冊 2014; 177-187